発注慣れしていない発注者が知らずに起こしているトラブルはこれ!

名刺やチラシなどの販促物、ネットショップやホームページなど、制作を依頼される時に、発注側が「発注慣れ」をしていないと、ものすごいトラブルになってしまいます。

よくありがちなこととして、

  • 発注側の曖昧な指示や急な変更で、スケジュールが守れず、制作チームのスケジュールが詰まってしまい、納期は守らせる。
  • 画面上にでは変化の違いがわからないこと(特にシステムとかプログラムの内部の変更)に追加料金が発生することが理解できない。
  • 制作は、簡単にワンクリックで完成すると信じている。
  • 制作側には、誰一人として、超能力者も忍術や魔法が使える人はいません(笑)

 

発注者も制作側もお互いが連絡を密にし、口頭だけでなく、文書や画像など資料を使い、きちんと意思疎通をして、誤解や思い込みのないように(お客様の)目的を達成するためのチームとしてすすめていければ、防げるトラブルです。

2017年04月01日 | Posted in └ネットショップ相談 | | No Comments » 

関連記事