パソコンにも寿命があるって知ってましたか?

壊れたわけじゃないし、不具合やフリーズ、強制終了などが続くわけでもない。
お仕事をする上で、「相棒」とも言える愛着のあるパソコンにも、買い替えのタイミングってあるんです。

 

 

そんなパソコンにも寿命があるって知ってましたか??

 

 

パソコンにも寿命があるんです

これ、お話しすると以外とびっくりされるのですが、パソコンにも寿命ってあるんです。

しかも、冷蔵庫や洗濯機、テレビにゲーム機などなど、色々ある電化製品の中でも特に『寿命が短い』製品の一つなんです。

油断しているとある日突然動かなくなってしまうので、データをバックアップなどして、最悪の場合でもデータだけは移動できるようにしておいてくださいね。

 

 

パソコンの寿命の目安は「5年」

使い方によっては、もっと長かったり、短かったりもしますが、一般的に5年と言われてます。

ただし、故障=寿命ではないので、注意してくださいね。

例えば、電源が入らない。スリープ状態から帰ってこない、キーボードを押しても反応しないなどは、OS(パソコンの脳みそのような重要な部分)をアップデートしたり、パーツ交換等、修理をすると治るんです。

 

人間でも、足首を捻挫(治るもの)=寿命とはいわないですよね?
パソコンも同じような感じとイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。

 

 

何がどうおかしくなったら寿命なの?

なにを基準にパソコンの寿命とするのかというと・・

 

『ハードディスク』なんです。

 

ハードディスクは実際にパソコンを動かすOSをインストールする場所です。
そのほか、さまざまなソフトやデータを保存する場所でもありますよね?

 

パソコンの中で一番重要なハードディスクが壊れると、正常に起動できなくなったり、頻繁にフリーズを起こしたり・・・

 

まともな作業が何一つ、できなくなってしまいます。

 

そして・・このハードディスクは1度壊れると『修理ができない』パーツなんです。

 

なぜ、修理ができないのかというと、ハードディスクの仕組みに理由があります。
*簡単に仕組みを説明
ハードディスクの中身は、データなどを記憶するときに、レコードの溝に針を置いてガリガリ削ってるような感じなのです。
何度も何度も情報を書き換えていれば、それだけ「すり減っていく=不具合が起きる」とイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。

 

そして、その不具合が発生し始めるのがだいたい『5年』といわれ、パソコンの寿命の基準になっているんです。

 

 

ハードディスクの寿命ってわかるの?

パソコンの寿命=ハードディスクの寿命と言われてますが、外からみただけでは、よくわかりません。

でも、壊れてから買い替えでは、データを失う可能性大です。

 

実は、パソコンの買い替えやハードディスクのみ交換を「検討したほうがいいのかな?」と目安となる症状があるんです。

 

  1. フリーズが頻発するようになった
  2. 起動にものすごく時間がかかる。
  3. 起動する際に異音がする
    「カチカチカチ」「ブーン」「ガリガリ」「カラカラ」「コツコツ」「カランカラン」「その他うなり音」などの音がでたら要注意
    比較的大きな金属音で「キィ」「キーーー」「ガシャ」が聞こえたら、ほぼ故障寸前
  4. 起動時などに焦げ臭い臭いがする。
    そのまま放っておくと火災の原因になります。
  5. 頻繁に電源が落ちるまたは、スキャンディスク、再起動などが行われる

 

などです。

 

ちなみに、以前使っていたパソコンのハードディスクが壊れたときには、電源が頻繁に落ち、最後には弱った子猫が泣いてるように「フニャァ〜フニャァ〜」って鳴いてました。

 

 

パソコン同行ショッピングでは、あなたにぴったりなパソコンを事前にお伺いさせていただき、候補をいくつか提案、家電量販店などPCショップへ同行しています♪

 

お気軽にご相談ください。

2017年04月01日 | Posted in └パソコン同行ショピング | | No Comments » 

関連記事